2018年ベストアルバム20

f:id:iruikonintan:20181227210947j:plain


今年の印象的な出来事の1つにワールドトリガーの連載再開がありまして、それに伴うジャンプラの100話無料キャンペーンに見事にやられて、今まで読んだことなかったんですが、コミックス全部揃えてしまいました。犬を飼ってない人が好きです。



2018年の年間ベストアルバム記事です。


 


 

f:id:iruikonintan:20181226225903j:plain
20.U.S.Girls「In a Poem Unlimited」

ディスコやR&Bを吸収して、レトロでくすんだポップとして吐き出した。社会への怒りが満ちているそうだが、質感としてはユーモラスでキッチュで、そこがまた歪で居心地悪い。

U.S. Girls - Pearly Gates (ft. James Baley) (Official Video) - YouTube



f:id:iruikonintan:20181227000753j:plain
19.Low「Double Negative」

否定に否定を重ねてドローンやノイズの域に足を踏み入れた神経質な「ロック」アルバム。20年選手のベテランが野心的な傑作をリリースするとついつい嬉しくなっちゃいますね。

Low - Poor Sucker [OFFICIAL VIDEO] - YouTube



f:id:iruikonintan:20181226225639j:plain
18.ツチヤニボンド「MELLOWS」

今までの分裂症気味でハイブリッドな音像も魅力的だったんですが、「キーワードは南米、アーバン、メロウ」ということでアルバム全体がもの悲しいトーンで統一されて、引き締まっています。

ツチヤニボンド/ Urbane - YouTube




f:id:iruikonintan:20181226223342j:plain
17.The Beths「Future Me Hates Me」

ドライブ感あるギターロックが炸裂している。意外と骨太だったりして、今年ありそうでなかった1枚だと思います。コーラスがまた気が利いてる。

The Beths - "Future Me Hates Me" (official music video) - YouTube




f:id:iruikonintan:20181226222537j:plain
16.さとうもか「Lukewarm」

シンプルながらキュートでいてほろ苦くもあるタイニー・ポップス。表題曲のPVがOOHYOっぽいからという理由もあるんですが、K-POPファンにもおすすめ。「最低な日曜日」の歌詞のアンニュイさがたまらないし、そのあと仲直りしたというエピソードも良い。

さとうもか 「Lukewarm」 - YouTube




f:id:iruikonintan:20181226223259j:plain
15.KIDS SEE GHOSTS「KIDS SEE GHOSTS」

6月ごろのKanye West関連連続リリースで、一番「Yeezus」寄りの音像で、一番ロック要素が強いアルバム。Blue Cheer聴いてるみたいな気分になる。

Kanye West & Kid Cudi - Freeee Ghost Town Pt. 2 (Kids See Ghosts) - YouTube




f:id:iruikonintan:20181226222245j:plain
14.cero「POLY SOUL MULTI LIFE」

複雑なアフロのリズムの連続に最初心折れかけましたが、なんだかんだ聴いていた。前作より更に夏の熱帯夜が似合う1枚だと思います。なので夏に年間ベスト選んでいたらもっと上かもしれない。

cero / 魚の骨 鳥の羽根【OFFICIAL MUSIC VIDEO】 - YouTube




f:id:iruikonintan:20181226221711j:plain
13.七尾旅人「Stray Dogs」

前作「リトルメロディ」までアーティストが持っていた神秘性を捨て去った、真っ当なポップス。それでいて7~8分台の曲も飽きずに聴けるメロディの強度は流石。ロマンチックな気分になる。

七尾旅人 "DAVID BOWIE ON THE MOON" (Music Video Edit) - YouTube




f:id:iruikonintan:20181226221629j:plain
12.Homecomings「WHALE LIVING」

日本語歌詞の響き方もそうなんだけど、アコースティック中心のフォーキーなサウンドに転換したことで音像に湿り気が出てきた。最初戸惑ったけれど、よく聴いてるうちにこれはこれで青春映画っぽくて良いなと思えてきた。何より「So Far」で弾き語り5分曲を飽きなく聴かせるメロディの美しさにはひれ伏すしかない。

Homecomings "Blue Hour"(Official Music Video) - YouTube




f:id:iruikonintan:20181226221504j:plain
11.Maison book girl「yume」

この前のヒューリックホールのライブが凄まじかったブクガの2ndアルバム。インスト曲と歌もの曲を交互に配置するアルバム構成も、持ち前の不穏さに深みを与えアルバムに立体感が出てきた。ただ歌ものの曲だけ聴くと過渡期なんじゃないかという気はしてこないでもない。でもアルバムとして傑作。

Maison book girl / 夢 / MV - YouTube




f:id:iruikonintan:20181226221016j:plain
10.Mitski「Be the Cowboy」

初めて聴いたときは多彩なアレンジもそうだけど、前作との対比も相まって曲構成の奇妙さと短さに混乱した。情念こもった筆圧で描くアブストラクトな自画像、でも着地点はユーモラスでポップ。

Mitski - Washing Machine Heart - YouTube




f:id:iruikonintan:20181226220831j:plain
9.Suuns「Felt」

電子音とノイズにまみれながら、どこまでも柔らかく響くミニマル・サイケなポストパンク。ここまでドラッギーな要素なくトランス出来るサイケも中々ないのでは。もっと評価されるべき。

Suuns - Look No Further (Official Video) - YouTube




f:id:iruikonintan:20181226220759j:plain
8.the hatch「Opaque Age」

タガの外れたJames Chanceとでも例えればいいのか?北海道産の不健康なエナジー渦巻くファンクなハードコア。横ノリ縦ノリどういう風にでもノレるし、ノる前にぶっ飛ばされる。

the hatch - 恐竜は俺の祖先 - YouTube




f:id:iruikonintan:20181226230337j:plain
7.Snail Mail「Lush

最初はその他のインディーロックと大差ないしハイプだと思っていたんですが、再生するのはこのアルバムばかりでした。ハイティーン女子のあどけない炎。このアルバムを聴き始めた時期に映画「レディバード」を観て感動した事も後押ししているのかもしれません。

Snail Mail - "Heat Wave" (Official Video) - YouTube




f:id:iruikonintan:20181226220456j:plain
6.The 1975「A Brief Inquiry Into Online Relationships」

先行シングルがどれも名曲ぞろいの総決算的1枚。トラップもソウルもニューウェーブも食い漁って消化した今までのカタログで一番態度が鼻につく産業ロック最前線。このスケールで歌えるロックバンドは本当貴重。

The 1975 - Sincerity Is Scary (Official Video) - YouTube




f:id:iruikonintan:20171021123407j:plain
5.土井玄臣「針のない画鋲」

2018年ベストアルバムタイトル。エレクトロニカ要素は削がれ、ビートレスになって、歌だけが残った。逃げ場なしの恋のうた。

土井玄臣 - ハート / Motoomi Doi - Heart - YouTube




f:id:iruikonintan:20181226215911j:plain4.Lamp「彼女の時計」

昨年Lampメンバーが全面参加したベルギー在住のアーティストであるLomboyのEPから兆候はありましたが、ここに来て、いつになくコズミックなシンセアレンジが超ポップな浮世離れした星屑のファンタジー集。Prefab Sprout「Andromeda Heights」を思い出します。

Lamp 「1998」M.V. - YouTube





f:id:iruikonintan:20181226215800j:plain
3.SOPHIE「OIL OF EVERY PEARL'S UN-INSIDES」

尊敬しているAutechreの鋭利さにポップスの薄皮を無理矢理かぶせて、ますます気色悪さに拍車がかかったインダストリアル。2019年グラミー賞ベストダンス・エレクトロニック部門ノミネートだそう。

SOPHIE — Ponyboy (Official Video) - YouTube




f:id:iruikonintan:20181226215659j:plain
2.DJ Koze「Knock Knock」

良いアルバムに聴き終えたときに時折思う「あー、このアルバムがもっと長ければいいのに」といった感覚を実現させた様々なジャンルの音楽が乱反射する桃源郷クラブミュージック約80分。

Dj Koze - Illumination feat. Roísín Murphy (Radio Edit) - YouTube




f:id:iruikonintan:20181221223402j:plain1.People In The Box「Kodomo Rengou」

元々、聴き手を解釈を嘲笑うようなシュールな言葉の羅列を得意としてきたバンドですが、今までは何だかんだ情景やイメージカラーみたいなものを感じさせたが、今作はまるでそういったものがない。聴き手の想像力を破壊する音楽。3曲目「町A」のサビで

“巨大なショッピングモール、レストラン、図書館、うどん屋、書店 パン屋、団地、花屋に、ラーメン屋、神社、寺院、中古車センター”

波多野裕文は歌うが、ビックリするくらいその町の情景が浮かんでこない。もしくは浮かんできてもそこに生活感を感じない。
高校時代から入れ込んだバンドなので贔屓目に評価している部分もないともいえませんが、大きく変容することなく歩んできた成果であり、音楽シーンのねじれの位置に君臨する傑作なんだと思います。変拍子の「変」の部分に惹かれ嗜好が形成された自分にとってベストアルバム1位はこのアルバムしか思いつかなかった。

People In The Box「かみさま」Music Video - YouTube