読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

THE ACT WE ACT「リズム」



「透明な時間は光の速さで進んでいくらしい」


 


そんな歌いだしで始まる1曲目にしてアルバム表題曲。
ともかく1曲目だ。この「リズム」だ。タイトルからして大胆不敵、そして世界で一番かっこよく歌われる「どんな手を使ってでもここまで来い」というフレーズ。この曲に限らず、とても歌詞がいいと思った。それは歌詞に字面に起こしただけじゃ魅力が分からないかもしれないけど、フックのあるフレーズがラップのようなシャウトで撃ち込まれていく。(そういえば去年ジアクト主催でヒップホップ勢とハードコア勢を集めたイベントをやっていたし、そこの影響もあるのかもしれない)

そもそもこのアルバム、カオティック・ハードコアという言葉を使うしかないけれど、世間に流通する音楽に比べ逸脱したものとしてのかっこよさが火砕流のように押し寄せてくる。おっと、もしかしたらカオティックという言葉が頭でっかちな音楽を想像させるかもしれないけれど、アルバムトレイラーで映し出されていたにんじんの収穫、親と子のふれあい、そういった生活の臭い、土着的、つまりは地に足付いた表現。確かな手ごたえ、暮らしの中で仕込むパンクス。そこから、より多くの混乱と快楽を!

にしてもかっけーなおい。