読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GRAPEVINE「tour2016」@名古屋CLUB DIAMOND HALL

ライブレポート

f:id:iruikonintan:20160612235255j:plain


簡素なツアータイトルですが、とどのつまり最新アルバム「BABEL,BABEL」のレコ発です。

 



今まで何度かバインのライブに足を運んでいますが、少なくとも自分が体験したことのないバインがそこにはありました。
理由としては、本編にはMCが一切なかったこと。その結果、今回割とリラックスしてる状態に見えたバンドの演奏でも今まで以上の緊張感が会場の空気を支配していました。

そしてもう一つ、こちらの方が重要なのですがとにかく爆音だったこと。

最初の「TOKAKU」は音響がちょっと調子悪かったけど、「HESO」からギアが入って、「シスター」、「EVIL EYE」ではギターのファズが冴え渡っていました。ここ最近ずっとアメリカンなロック方面に舵を取っていましたが、久々にサイケガレージなバインがそこにはあって、もちろん「SPF」、「Scarlet A」といったメロウサイドは今回も充実していましたが、今回のモードは完璧にプレイイットラウドの精神。そのピークは「Golden Dawn」~「I must be high」~「Scare」~「CORE」~「Heavenly」の流れ、とりわけ「Scare」の後半は午前3時かと思うくらいにギターのファズが会場をズタズタに切り裂いてて笑うしかないです。(ちなみに「Golden Dawn」ではDaft Punk「One More Time」、「I must be high」ではAerosmith「Walk This Way」が引用・サンプリングされてました。)
そして本編ラストの「Heavenly」はより荘厳に、よりプログレシッブにアレンジされていて清く正しい“飲み込まれる”という表現に立ち会いました。圧倒されたー!

アンコールでも「きみが嫌い」、「Sabatth」、「アダバナ」とレア曲であると同時に、緩さと荒々しさで体揺らしてグットフィーリング。今まで観たバインの中で今回が一番だなーってなってます。