読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フジロッ久(仮)超ライブツアー2016@金山ブラジルコーヒー

ライブレポート

f:id:iruikonintan:20160420225959j:plain

 

 



どんづまりの社会でポジティブな愛のパワーをポップにバーストさせることが、なによりもパンクスでレーベルミュージックと力説した傑作「超ライブ」リリースツアー。今回のツアーでもってキーボードの丸山氏が脱退することもあって観てきました。

まず出てきたツクモクは金山ブラジルコーヒーの店主含むロックバンド、当然のようにホームの雰囲気。でもって鍵盤がいい味出てる武骨なロックンロールで、良質という言葉が似合うピースフルな空間でした。正直舐めてました、かっこよかったっす。

次に出てきたフジロッ久(仮)。この時点で21:15くらい(そもそも開演自体が20:00とかなり遅め)。

とにかくしょっぱなのスーパー・ラブ(コメディ)・ソング「おかしなふたり」からもうずっと最高で、アルバム「超ライブ」の大きな魅力のひとつであるパーカッションの躍動は縦ノリも横ノリもできるポゴステップ踏めるジャンプしまくる。どんちゃん騒ぎがどんどん続いていく…正直、ライブであまり騒がないタイプなりにかなり騒いだので、細かくは覚えてないのですが、藤原氏の付けてたリボンが自分がいた場所からだと蟹のハサミに見えたのはなんとなく覚えている。とにかくMCで何かできる場所、人が集まって何かできることへの信頼をMCでよく言っていて、それはもう切羽詰まった世界で誰かと触れ合うこと、愛することはファシズムレイシズムに対抗する唯一の手段というアルバム、そしてバンドのテーゼを体現していて、そのテーゼの元を鳴らされる音楽はこんなにも人の気持ちを躍動させるし、終わった後に酷いブルーマンデーにさせたという…。