読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GRAPEVINE「BABEL,BABEL」

f:id:iruikonintan:20160205230030j:plain



GRAPEVINEの14thアルバム。



 



マンネリズムと呼ばせない程度には新しく、それでいてどこを切っても安定のGRAPEVINEと言いたくなる出来のアルバム。所々に水と油を無理矢理ぶつけたような壊れたアレンジ(ナンセンンスなTalking Headsみたいな「Golden Dawn」、「いけすかない」気持ちを妙にこじらせた「HESO」に顕著)もあるけれど、亀井の作るメロディとブルージーなギターがあれば、もうそれはGRAPEVINEのもの。それに自分が好みというのもあるけれど、「Heavenly」、「Faithful」の2曲の効果で神聖な雰囲気がアルバム全体を包んでいる。

前作「burning tree」が実は夢見ていたメインステージを完璧に諦めることをアルバム1枚通して宣言した作品とすると、そのあとは風通しがよくなって良いよってフィーリングは何気なく伝わる14thアルバム。ある意味、欠点がないのが欠点。バベルの塔はきっと懲りずに積み上げられていくのでしょうね。



ちなみにこのアルバムで自分が好きな曲TOP3は
1位:「Faithful」
2位:「EVIl EYE」
3位:「SPF
です。