読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IMAIKE GO NOW 2015

僕が今池に行く理由(そして久々にブログを更新する理由)。

メンツがかなり豪華、というか自分好みのバンド周辺も兼ね揃えていて、こういうの名古屋じゃなかなかないし、有給とって行きました。

 



■Homecomings@TOKUZO

昨年、平賀さち枝とのコラボで素晴らしい曲を届けてくれた、SEがPavement「Cut Your Hair」な京都のインディーバンド。ナヨいアノラックを骨太に響かせる以上でも以下でもない…たぶんこのバンドの魅力を伝えるのに「平熱」といった言葉が多く使われていて、あとボーカルの日本語英語。ヘタウマとかじゃなくて舌足らずじゃなく輪郭しっかりとした歌い方。CD以上にそれが顕著に出たライブ…うーん、魅力説明しづらいけど、いいバンドなんですよ。



■palitextdestroy@valentinedrive

地元名古屋のインストバンド、名前は何度か見てたが今回初。破壊的なジャムにピアノの美しい旋律が紡がれる、残響レコードにいてもおかしくない音楽。まあ、ただクラスの人気者みたいなノリはどうしようもなく苦手で、「オラに元気をわけてくれー」とか曲中に言っちゃうのはなかなかキツいもんがありまして、2~3曲観て外へ出てしまいました。



■YOUR ROMANCE@Second Vision

音源はリリースされませんが、昨年、公開されたセッション動画から気になってた存在でしたが、いい意味で期待を裏切られた…というかめちゃくちゃ楽しかった。公開されたセッション動画ではクールなR&B風味のポストパンク、ダークウェーブなものを想定してたんですが、想像以上にディスコでロックンロールで、昨今のディスコブームにも少しずつ飽きかけている自分が最近いたのですが、それでも体を揺さぶられアドレナリン放出。ツインボーカルなのも良い。来月には何かしらアクションがあるみたいですし、今年の終わりにはLUCKY TAPES(今回ミツメとかぶって観れず泣)、Yikiki Beat(こちらは疲れていたのでスルー汗)と同じくらいの位置にいるんじゃないでしょうか(もうとっくになってるのかもしれませんが…。)




■ミツメ@3STAR IMAIKE

ミツメギャルの殺到で入場規制かかってたみたいで、ギュウギュウの中で観ました。わかっていたけど、やっぱり生で観ると、改めてこの人たちの音楽ってすごい素朴で淡くて、油断してたら味わう前に消化してしまいそうだな、となんとなく思いました。贅沢で失礼な望みですが、もっとがらんどうとした場所で聴きたかったなー。ただやっぱ特別な体験をした気分にはなれます。そして胸キュン。



■HINTO

Re:mixで観て以来、5年ぶりくらいのHINTO。これは自分のコンディションに因るところが大きいのですが、最初は魅力を掴み損ねていて疲れが先に来てしてしまったのですが、5曲目くらいでアッパーなニューウェイブ・ファンクから零れる夏い抒情性に気づいてからは、やんわり楽しめてきました。



■王舟@TOKUZO

上海出身、日本育ちのシンガーソングライター、今回はバンド編成でした。
チェンバーでフォーキー、かと思えば意外とエレキも唸る…が何より「ここではないどこか」をここに生み出すような、多分異国情緒ってやつなのかもしれないけれど、デラシネの豊かな音楽が始まりから終わりまでずっと続いて、魔法が降りてきてました。ただなんかいいなあって空気。



■髭@BOTTOM LINE

髭のライブはいつも最高ですが、今回も例にもれず最高でした。元気が出るロックンロール。
しょっぱな「闇はひとつまみ」~「虹」の流れ、ファニーなリフが印象的な新曲「スティーブン・スピルバーグ」に、「今は今を生きる」というフレーズが胸を打つ新曲「イング」が素晴らしい出来で、ここで新たな全盛期への予感をひしひしと感じるものに。



OGRE YOU ASSHOLE@BOTTOM LINE

陶酔。



と、こんな感じで楽しんできました。多分、自分がどれだけエキサイティングな時間を過ごしたか全く伝わらないんじゃないでしょうか。ざまあみそ。各アーティストの持ち時間約40分って短いといえば短いですが、濃密な音体験をしているうちに時間の感覚が狂ってどうでもよくなりました。ベストアクトは髭といえばそうなんですが、ユアロマンス、王舟でもよい。もうそこは思い出したときの気分で。濃密な1日でした。サンキュー今池!